DLシリーズミキサー用iPadアプリ「Master Fader v3.2」ダウンロード開始のご案内

2015年7月2日

MF3.2_Header_800x400
iPadと共に使用可能なデジタルミキサー、Mackie DLシリーズミキサー用アプリ「Master Fader」がv3.2にアップデートし無料ダウンロードを開始しました。

Master Fader v3.2DL32Rで使用することにより、外付USBハードドライブへダイレクトに32chのマルチトラックレコーディングが可能になりました。また外付USBハードドライブよりダイレクトにバーチャルサウンドチェックに使える32chのマルチトラックプレイバックが出来るようになりました。もちろんこれらの操作はiPadよりワイヤレスで操作が可能です。別売のDL Dante Expansionカードを装着することにより、Danteバーチャルサウンドカード経由でMacやPCに32×32チャンネルのダイレクトレコーディングも可能です。外付USBハードドライブとDanteバーチャルサウンドカードは同時に使用可能なので、32チャンネルのマルチトラックライブレコーディングのバックアップとしても使用可能です。DL32Rは32×32チャンネルのデジタルレコーダーとしても使用可能なデジタルミキサーなのです。
Master-Fader-3-DL32R-32-Channel-Recording-1024x768
また新しい機能としてマイクプリビューを追加しました。32チャンネルマイクプリを一つの画面に集約し、インプットゲインコントロールとファンタム電源ON/OFF、入力ゲインメーター表示が可能になりました。一番最初に設定しなければならないマイクプリの設定時間の短縮にもなり、さらにDL Dante Expansionカードを使用しDante経由で他社のデジタルミキサーにデジタル伝送が可能なため、DL32Rをデジタルスネークのステージボックスとしても使用することができます。
Master-Fader-3-DL32R-Mic-Pre-View-1024x768
DL32RDL1608DL806共通の機能としてMaster Fader v3.2My Fader v3.2にはVCAグループの視認性や操作性も向上させました。VCAグループにアサインしたそれぞれの入力チャンネルに半透明のフェーダーキャップが表示され、VCAフェーダーでボリュームコントロールをした際に、各入力チャンネルの実際に出力されている音量レベルが表示されるようになりました。さらにVCAフェーダーでミュートやソロを押した際にも各VCAグループにアサインされた入力チャンネルに反映されるようになりました。
Master-Fader-3-DL32R-VCA-Ghost-Faders-1024x768
もちろん皆様よりご意見をいただいた数多くの不具合も今回のアップデートで修正をしております。Mackie Master Faderアプリは皆様からの要望を受け、進化し続けます。今後のアップデートにもご期待ください。

新しい機能
■ 32×32チャンネルのマルチトラックレコーディング、プレイバックに対応(DL32Rのみ)
■ マイクプリビューの追加(DL32Rのみ)
■ VCAグループの機能拡張

操作性の向上
■ アクセス制限の選択がすべてON、すべてOFFと一括で選択が可能に
■ Tools→Settings→System BackupメニューからすべてのShowとプリセットをリセット可能なReset Shows and Presets
Master Faderアプリを使用中でもAirplay操作が可能に
■ USBハードドライブがEject状態にあるときのみにRefreshボタンを表示
■ より適正なレベルに調整可能なマイクプリゲインスライドフェーダー

Master Fader v3.2My Fader v3.2はAppストアーより無料ダウンロードが可能です。インストール可能なデバイス情報等は下記Appストアーにてご確認ください。

Master Fader
My Fader

DL32Rのより詳細な情報はこちらまで。http://mackie-jp.com/dl32r/
DL1608とDL806のより詳細な情報はこちらまで。http://mackie-jp.com/mixers/dlseries/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>