iPadと共に使用可能なデジタルミキサーMackie DLシリーズミキサー用アプリ「Master Fader」v4.5リリースのご案内

2016年9月16日

masterfader4.5_launch_blog
iPadと共に使用可能なデジタルミキサーDLシリーズミキサー用アプリ「Master Fader」がVersion4.5へアップデートしました。Master Faderアプリは頻繁にアップデートを行っており、DLシリーズミキサーユーザーの皆様からの要望にお答えできるようさまざまな機能を追加してまいりました。Master Fader v4.5にも皆様からのご要望にお答えすべく、リバーブの音質向上含む新たな機能を追加いたしました。Master Fader v4.5は無料でダウンロード可能です。
________________________________________________________________________
Master_Fader_4_5_iPad_Reverb(2)リバーブサウンドの向上
Master Faderアプリをお使いいただいている方より、多くの要望をいただいておりましたリバーブサウンドの改善にMackieはかなりの時間を費やしました。より現実的でかつ新たなリバーブの設定方法を追加することにより、さらに高品位で奥行きのあるリバーブサウンドを実現することが可能になりました。

新たに追加された設定は以下の通りです。

・ER Level(初期反射音のレベル)
・ER Rolloff(初期反射音の周波数)
・LR Level(後期反射音のレベル)
・LR Rolloff(後期反射音の周波数)
・LR Bass Boost(後期反射音の低域拡張)
・Diffusion(リバーブの左右の広がり感をコントロール)
・Mod Rate(音がゆれる周期)
・Mod Depth(音がゆれる深さ)

これらのレベルコントロールを追加することにより完璧なリバーブサウンドを演出することができ、最適なミキシングを行うことができます。新しいリバーブの機能に関して、ご質問やご要望があればこちらよりご連絡ください。
________________________________________________________________________
Master_Fader_4_5_iPad_GEQ_Spectrograph(1)スペクトログラフの追加
多くのEQを解析し、解像度の高い表示をし、現在再生されている音源の周波数特性を視覚的に表示するライブサウンドに欠かせないスペクトログラフを追加しました。前回のアップデートで出力チャンネルに追加されたリアルタイムアナライザー(RTA)と切替で表示も可能です。最適なライブサウンドを演出するために追加されたスペクトログラフはみなさまのミキシングのお役に立つ機能です。また急激なハウリングを見つけEQで回避するのにも役に立つことでしょう。
________________________________________________________________________
Master_Fader_4_5_iPad_Input_EQ_RTAすべての入力チャンネルにRTAとスペクトログラフの追加
入力チャンネルにもRTAを!という皆様のご要望にお応えしました。RTAだけでなくどうせなら。ということでスペクトログラフも各入力チャンネルで表示できるようにしました。最適なミキシングをサポートする上で、お役に立つことでしょう。すべての各入力チャンネルの周波数特性を視覚的に表示することができるRTAとスペクトログラフは迅速、かつ簡単にそれぞれの入力チャンネルのEQを調整するのに役立つことでしょう。各入力チャンネルのEQの下に表示されるので、簡単かつ迅速、的確に各入力チャンネルのEQ補正をすることができます。
________________________________________________________________________
Master_Fader_4_5_iPad_Reverb_Presets新しいファクトリープリセット
リバーブ機能を向上させるために、さまざまなテスト、研究を積み重ねた結果、ファクトリープリセットも更新できました。偶然の産物?? いいえ、研究を繰り返し行った結果です!リバーブだけでないですよ。EQやコンプ、ゲートなどのダイナミクス系、ディレイのプリセットも更新しました。さらに、当然のことですが自分で作った最高の設定もユーザープリセットとして保存できます。Mackieと、どちらがすばらしいプリセットを作れるか競い合ってみませんか?
________________________________________________________________________
Master_Fader_4_5_iPad_Settingsメーター表示オプションの追加
メーター表示をカスタマイズしたいと思いませんか?RTAやレベルなどのメーター表示を自分が使いやすいように変更することができるようになりました。RTAのピーク値を表示できる時間を選択できます。また各レベルメーターのピークとクリップを表示できる時間も選択できます。レベルコントロールを行うことにより歪みやハウリングのない最適なミキシングをサポートいたします。
________________________________________________________________________
FXプリセットにFXリターンEQを追加
FXプリセットを呼び出した際にFXリターンEQの設定に時間を費やす必要はございません。FXプリセットにFXリターンEQを追加しました。FXプリセットを呼び出した際にFXリターンEQを自動的に呼び出し適応します。すばらしいでしょ?
________________________________________________________________________
その他のアップデート!
もちろん、さまざまな不具合も解消しています。また最新のiOS10にももちろん対応済みです。安心してiOSをアップデートしてください。他のアプリが対応しているかどうかは知りませんが・・・。

もちろんMaster Faderの小さな不具合も日々報告を受けております。随時解消できるよう努めてまいります。もし不具合やその他ご質問や要望等ございましたら、こちらよりお問い合わせください。進化しつづけるDLシリーズミキサーを今後ともご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>