Mackie 「AXISデジタルミキシングシステム」製品レビュー記事掲載

2016年12月26日

Sound&Recording Magazine 2017年2月号にてラックマウントミキサー「DL32R」とコントロールサーフェス「DC16」にて構成されるデジタルミキシングシステム「Mackie AXISデジタルミキシングシステム」の製品レビューが掲載されております。(P160~P161)
SR201702-thumb240x

本誌では2017年1月に発売開始を予定しているMackie AXISデジタルミキシングシステムをプロのPAエンジニアに実際に使用いただき、音質、操作性を徹底的にレビュー頂いております。すでに2015年2月に発売を開始し、多くの方にご愛用いただいておりますiPadと共に使用可能な32chデジタルミキサーDL32Rを信号の入出力、ミキシングエンジンとして使用し、DL32Rに実装したDL Dante Expansion CardからDanteデジタルネットワーク経由でDL32Rの機能をコントロールする17本の物理フェーダーと26個のディスプレイを実装したDC16との組み合わせで構築されるデジタルミキシングシステム、それがMackie AXISデジタルミキシングシステムです。

2017年1月発売開始予定のコントロールサーフェスDC16はiPadをディスプレイ&タッチパネルとして3枚実装することができます。センターに実装したiPadは選択したチャンネルが表示され、パラメーターを瞬時に調整することができ、また2枚目のiPadには1つ前の作業を表示もできるので、画面を切り替えることなく、過去に調整したEQなどの状態も確認することができ、操作性に優れているとお褒めの言葉もいただいております。もちろんステージモニターミックスなどで使用する場合はiPadを持ち出し、ワイヤレスミキシングも可能です。さらにDC16の各チャンネルにはアイコンや写真が表示可能なディスプレイを17個装備、また各チャンネルにはLEDレベルメーターやゲインリダクションメーターも装備し、視認性、操作性に優れ、また17本の100mmモーターフェーダーは間隔にゆとりが有り、滑らかで操作しやすいと高評価をいただきました。

DL32Rに実装したUSBハードディスクに32chマルチトラックレコーディングとUSBハードディスクに保存した32chマルチトラックレコーディングデータの再生ができ、マルチトラックライブレコーディングがPCやDAWソフトを使わずに行うことができ、さらにマルチトラックプレイバックはリハーサル時に大いに役立つ機能であるともレポートいただいております。もちろん定評のあるMackie Onyx+マイクプリアンプはデジタルくささも皆無で音質も高評価をいただきました。

Mackie AXISデジタルミキシングシステムはiPadミキサーの先駆者であり、そこにDanteデジタルネットワーク対応物理フェーダーを投入することにより無限の可能性を持ったデジタルミキサーであることをレポートいただいております。是非、本誌をご一読いただきAXISデジタルミキシングシステムの視認性、操作性の良さ、高品位なサウンドをご確認いただければ幸いです。

AXIS_BANNER

Mackie AXISデジタルミキシングシステム
DC16」:コントロールサーフェス
オープンプライス
税別市場予想価格¥499,000-
UPC:06 63961 04522 2
2017年1月発売開始予定

DL32R」:32chデジタルミキシングエンジン
オープンプライス
税別市場予想価格¥228,000-
UPC:06 63961 04460 7
好評発売中

DL Dante Expansion Card」:DL32R用32×32 Danteカード
税別市場予想価格¥59,800-
UPC:06 63961 04584 0
好評発売中

DC16 Road Case」:DC16用ツアリングハードケース
税別市場予想価格¥78,500-
UPC:06 63961 04948 0
2017年2月発売開始予定

80m Cat5e Reel」:Danteケーブル80mリール付
税別市場予想価格¥117,800-
UPC:06 63961 04913 8
2017年1月発売開始予定

発売開始詳細決まり次第、当ホームページおよびMackie公式FaceBookTwitterにてご案内いたします。

Sound&Recording Magazine 2017年2月号は全国の書店、および楽器店にてまたMackie「AXISデジタルミキシングシステム」は日本全国の Mackie ディーラーにてお買い求め下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>