ザック・ブラウン・バンドのホプキンスがMackie プロフェッショナルスタジオモニタースピーカーXRシリーズを愛用

2017年4月25日

john_driskell_hopkins_xr824_zac_brown_band
米国アトランタ、ジョージア州-2017年4月…ジョン・ドリスケル・ホプキンスはグラミーショーを受賞したザック・ブラウン・バンドの創立メンバー、ボーカリスト、マルチインストルメント、ソングライターとして有名なミュージシャンです。1996年にバンド、Brighter Shadeを結成し2枚のアルバムをレコーディングしました。ホプキンスはBrighter Shade スタジオをレコーディングの拠点とし1998年にザック・ブラウンのファーストアルバム「Home Grown」をレコーディング。ただしこの時点ではこのアルバムは発売されませんでしたが、このレコーディングによりザック・ブラウンとの長年の関係を築き上ました。Brighter Shadeスタジオではザック・ブラウン・バンドの名前が世の中に知られるきっかけとなった2枚のアルバム、「The Foundation」と「You Get What You Give」をレコーディング。ホプキンスは2011年より5ピースバンドのBalsam Rangeとコラボレーションをし、2013年には世界中で賞賛されたCD、「Daylight」をリリースしました。
John Driskell Hopkins_Zac Brown Band_XR824_Photo
ホプキンスはMackie創設期からのMackieファンでした。「当時はMackie CR-1604VLZアナログミキサーでミックスをしていたよ。すばらしいサウンドでレコーディングができたね。」とホプキンスは思い出してました。「その後は長年にわたりレコーディングミキサーの名機、Mackie 8BUS 32チャンネルモデルを使っていたよ。この機種もすばらしかったね。また初代Mackie HR824スタジオモニターが発売開始されすぐに使い始めたよ。この機種も長年使っていたね。そして今は新しいプロフェッショナルスタジオモニターXR824を愛用しているよ。XRシリーズは明瞭度が高く、原音に忠実でかつサブウーファーがなくともパワフルなサウンドを再生してくれる。今までにないくらい満足しているよ。」と満足そうにホプキンスは語りました。

Mackie XR824は高域ツイータースピーカーユニットに1インチブラックアルマイトアルミツイーターユニットを採用。低域ウーファースピーカーユニットにはKevlar®素材のウーファーを採用。また対数関数計算されたウェーブガイドを搭載し高域の放射パターンを的確にし、高域と中域の最適なバランスを実現します。さらに低域スピーカーユニットとの最適なバランスを保ち、明瞭度の高いサウンドを実現します。新設計のELP 低域反射システムはエンクロージャー内部を湾曲し設置、今までに無いような長いスロートを採用し、さらに大きな開口部を持ったバスレフを採用することにより、バスレフ出口からの気流を抑え、ハイパワーかつ明瞭度の高い低域の伸びを実現しました。パワーアンプは160Wバイアンプ仕様(低域:100W/高域:60W)、D級アンプを搭載し、ホプキンスの求めるパワフルナサウンドを実現。サブウーファーがなくともミックスにおいて低域から高域まで原音に忠実なサウンドを実現します。

ホプキンスはMackie XR824をメインモニターとして採用し、さらに新しいスタジオも作っている最中です。「新しいスタジオを作る部屋は770平方メートル、天井高は5mとものすごく広いんだよ。」「新しいスタジオでもXR824をミキサーのそばにおいて使用する予定だよ。なんていったっていままで試したスタジオモニターの中で一番お気に入りのサウンドだからね。」とホプキンスは語ります。
John Driskell Hopkins_Zac Brown Band_XR824
「Mackieの製品がどれだけすばらしいか、僕が教えてあげるよ。」とホプキンス。「Mackie XR824は部屋の形状や広さ、設置場所に応じてXR824に搭載されたスイッチを切り替えるだけで適切なサウンドを再生できるようになっているんだ。低音が鳴りすぎる部屋の場合は低域をカットできるし、部屋の鳴り方によって高域をブースともできるし、カットもできるんだ。XR824が僕のスタジオと同じように壁面に近い場所に設置されていない場合は3つのプリセットパターンの切替ができるAcoustic Spaceというスイッチで設置場所にあわせた最適な音質を再生できるんだ。例えていうならXR824はスイスアーミーナイフみたいにいろいろな用途や場所で使えるんだよ。これからもMackie XR824をずっと使い続けていくし、何か良いモニタースピーカーがないか?と問われたら絶対XR824を薦めるね。」

ホプキンスは現在建築中の新しいスタジオでXR824を鳴らすのを楽しみにしているそうです。「Mackie XR824は新しいスタジオに必要不可欠なものとなるね。Mackieはいつでもミュージシャンが必要とするものを世の中に送り出してくれるね。XR824はまさに僕の必要としているサウンドを実現してくれるよ。これからもMackieの製品を愛用するし、新しい製品も期待しているからね。」とホプキンスは語ってくれました。

Mackie XRシリーズ プロフェッショナルスタジオモニタースピーカーは2017年4月27日日本国内発売開始いたします。是非明瞭度が高く、原音に忠実でかつサブウーファーがなくともパワフルなサウンドを再生してくれるXRシリーズ プロフェッショナルスタジオモニタースピーカーをご検討ください。

発売開始モデル
【XRシリーズ スタジオモニタースピーカー】
XR624:6.5インチ2wayパワードスタジオモニター
オープンプライス 税別市場予想価格 ¥46.000-/本
UPC:06 63961 04934 3

XR824:8インチ2wayパワードスタジオモニター
オープンプライス 税別市場予想価格 ¥58.000-/本
UPC:06 63961 04940 4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>