ポータブルパーソナルPAスピーカーMackie FreePlayユーザーレポート

2017年5月29日

tossyan1香川県の浄土真宗、真宗興正派善照寺(しんしゅうこうしょうはぜんしょうじ)の副住職と大道芸人を両立し活躍中の三原俊亮(みはらとしあき)様にイベント用機材としてMackieポータブルパーソナルPAスピーカー「FreePlay」を導入いただきました。

三原俊亮様は【しゅんりょう】という法名で善照寺にて副住職としてお勤めになりながら、毎週火曜日には善照寺にて産後ヨガ教室姿勢改善ヨガ教室なども開催。また芸名【とっしゃん】として香川県丸亀最大のお祭りの「丸亀お城まつり」や、豊富なアトラクションと多彩なイベントが魅力のレジャー施設「ニューレオマワールド」などに出演する大道芸人として活躍中です。さらに住職とフットバッグというお手玉をサッカーのリフティングの様に扱うスポーツで活躍中の実兄、三原貴嗣(みはらたかつぐ)様とともに【善照寺ブラザーズ】としてパフォーマンス活動もおこなっています。

今回はマルチに活躍中の三原俊亮様にMackie FreePlayを導入に至るまでのお話をお伺いいたしました。
___________________________________________________________________
【FreePlayはどちらで知られたのですか?】
友人で同じく大道芸人として活躍中の「大道芸人たいき」さんが使用しているのをみて知りました。コンパクトながら、大音量でかつ音がクリアに聞こえたので、これはすばらしいスピーカーだなと思い、購入に至りました。

【どのような条件で機材をお探しになられたのですか?】
私たちのような大道芸人は屋外でのパフォーマンスが大半です。イベントや会場によっては電源を確保することができるのですが、電源延長ケーブルを用意しなければなりません。また公園や路上などでパフォーマンスを行うときには電源は確保できません。よって、どこでもパフォーマンスが行えるように電源確保のための心配や電源ケーブルを用意しなくてもよいことと、さらに大音量が再生できるが機材をずっと探していました。

【それでFreePlayにたどり着いたのでしょうか?】
国産メーカーのキーボードアンプなどでバッテリー駆動可能なものも検討しましたが、満足のいくような音量は確保できませんでした。ミキサーとスピーカーが一体になったPAセットも国産メーカーではありましたが、今度は電源が必要になってしまいます。Mackie FreePlayはバッテリー駆動が可能で、さらにコンパクトながら大音量、かつ音割れがない明瞭度の高いサウンドだったので導入いたしました。

【FreePlayを導入しお使いになられた感想をお聞かせください。】tossyan2
音量に関してはおおむね満足しています。屋内施設でよほど大きな会場でない限り1台で充分ですね。また公園やレジャー施設などの屋外で使う場合はイベントによっては1台ではちょっと音量が足りないときがあったので、現在では2台のFreePlayを使っています。2台目のFreePlayには1台目のMON OUTからケーブルを1本接続するだけで拡張できるので大きなイベントでは重宝しています。もちろんFreePlayは音楽を流すときにスマートフォンに保存してある音楽をBluetooth経由でワイヤレス再生ができるので、パフォーマンス用ワイヤレスマイクの受信機とFreePlayを繋ぐケーブルだけでイベントができます。以前は電源ドラムリールケーブル、ミキサー、スピーカー、ミュージックプレーヤー、そしてそれらの機材を接続するケーブル等、音響関係の荷物がたくさん必要でした。FreePlayを導入して荷物がかなり減りましたよ。

FreePlayは軽量で荷物も少なくどこでも使える。かつ大音量、クリアなサウンド。さらにワイヤレスで音楽再生ができるなど。ここ最近のなかではかなり良い買い物をしたと思っていますよ。
tossyan3
___________________________________________________________________
すばらしいコメントありがとうございます。これからも大音量でありながら明瞭度の高いサウンドを実現するMackie FreePlayと共にすばらしいパフォーマンスをおこなっていただき、観客の皆様を魅了させてくださいね。

今回、ユーザーレポートをお寄せいただきました三原俊亮様は地元香川を中心に、活躍中のパフォーマーです。是非三原俊亮様のホームページTwitterをご覧いただき、イベントに遊びに行ってみてはいかがでしょうか? もちろん三原俊亮様のイベントに遊びにかれる際には投げ銭もご用意くださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>