2023年2月2日
Mackie新製品 コンパクトデスクトップスピーカー「CR2-X Cube」製品レビュー記事掲載

Sound&Recording Magazine 3月号にてMackie新製品 コンパクトデスクトップスピーカー「CR2-X Cube」製品レビュー記事を掲載いただいております。

本誌では2023年春頃発売開始予定コンパクトデスクトップスピーカー「CR2-X Cube」の実機を、環境音と電子音を組み合わせ、パブリックスペースやWebコンテンツ、ラジオ番組のサウンドプロデュース、舞台芸術の劇伴など多岐にわたる音楽を提供するサウンドデザイナー、音楽家の佐藤公俊様にご使用いただき、音質、操作性など詳細を徹底的にレビュー頂いております。 (さらに…)


2022年12月22日
Mackie新製品 EMモバイルマイクロフォンシリーズ「EM-98MS」製品レビュー記事掲載

Sound&Recording Magazine 2月号にてMackie新製品 EMモバイルマイクロフォンシリーズ「EM-98MS」製品レビュー記事を掲載いただいております。

本誌では2023年2月発売開始予定EMモバイルマイクロフォンシリーズ4モデルの中からデジタルカメラやスマートフォンに対応するモバイル・ショットガン・マイク「EM-98MS」の実機を、国内外の企業CM音楽を手掛け、日本にいながら世界を舞台に活躍中の作曲家、ナカシマヤスヒロ様にご使用いただき、音質、操作性など詳細を徹底的にレビュー頂いております。 (さらに…)


2022年10月21日
Mackie ダイナミックブロードキャストマイクロフォン「EM-99B」、およびMackie プレミアムデスクトップマイクロフォンブーム「DB-200」およびを発表


2022年10月20日(木) LOUD Audio, LLC(本社:アメリカ合衆国ワシントン州)はダイナミックブロードキャストマイクロフォン「EM-99B」とEM-99Bとの組み合わせに最適なプレミアムデスクトップマイクロフォンブーム「DB-200」を発表しました。

全世界にあなたの美声を届けましょう

EM-99Bはポッドキャストやライブ配信、スピーチや朗読などに最適なサウンドを提供するために設計開発されました。Mackieプロフェッショナルエンジニアリングチームによってチューニングを施した高感度カーディオイドカプセル(-53db)を採用し話者のディテールを損なうことなく収音することを実現しました。ライブ配信中、テンションが上がって大きな声を出したり、大きなアクションを取りがちですか?でも大丈夫。付属のフォーム素材ポップフィルターが無駄なポップノイズを適切に低減してくれます。またシングルアクシスサスペンションホルダーを採用し振動ノイズも低減してくれます。“戦車級に”頑丈なオールメタルボディ、耐久性の高いXLR接続、強靭なマウント機構を採用し安心して長きにわたりお使いいただくことができます。さらに高品位デスクトップスタンドも付属。届いたその日からプロフェッショナルサウンドでライブ配信やコンテンツ制作を楽しむことができますよ。
(さらに…)


2022年10月5日
デジタル一眼レフカメラ・スマートフォン対応モバイルマイクロホン「EM-93M 」「EM-93MK 」「EM-98MS 」「EM-95ML 」を発表

2022年10月4日(火) LOUD Audio, LLC(本社:アメリカ合衆国ワシントン州)はデジタル一眼レフカメラ・スマートフォン対応モバイルマイクロホン「EM-93M 」「EM-93MK 」「EM-98MS 」「EM-95ML 」を発表しました。

デジタル一眼レフカメラでの動画撮影からスマートフォンを使用したライブ配信まで、プロフェッショナル級のサウンドを実現し創作意欲をかきたててくれるマイクロフォン、それがEMモバイルマイクロホンシリーズです。


(さらに…)


ワイドバンドアクティブノイズキャンセリング機能搭載ワイヤレスヘッドホン「MC-60BT」を発表


2022年10月4日(火) LOUD Audio, LLC(本社:アメリカ合衆国ワシントン州)はワイドバンドアクティブノイズキャンセリング機能搭載ワイヤレスヘッドホン「MC-60BT」を発表しました。

30年以上にも及ぶMackieプロフェッショナルエンジニアリングチームによる経験と実績を投入したプロフェッショナルサウンドを再生するMC-60BTはパワフルなMIS™ワイドバンドアクティブノイズキャンセリング機能を搭載し、周辺ノイズを最適にシャットダウンしながら今までにないほど快適なプロフェッショナルサウンドを楽しむことができます。またBluetooth 5.0とaptX™ HDを採用し低遅延と高品位サウンドを実現しました。さらにMC-60BTは2台のデバイスと同時接続が可能で、例えばスマートフォンとPCを自在に使い分けることが可能です。最大で35時間連続駆動が可能なリチウムイオンバッテリーを搭載し、一日中快適なサウンドで音楽を楽しむことができます。もちろん高品位マイクロホンも内蔵しているので途中で電話やオンライン会議にも参加することができますよ。真のプロフェッショナルサウンドと快適な音楽生活を実現するワイヤレスヘッドホン、それがMackie MC-60BTなのです。 (さらに…)


ワイドバンドアクティブノイズキャンセリング機能搭載ワイヤレスヘッドホン「MC-50BT」を発表

2022年10月4日(火) LOUD Audio, LLC(本社:アメリカ合衆国ワシントン州)はワイドバンドアクティブノイズキャンセリング機能搭載ワイヤレスヘッドホン「MC-50BT」を発表しました。

30年以上にも及ぶMackieプロフェッショナルエンジニアリングチームによる経験と実績を投入したプロフェッショナルサウンドを再生するMC-50BTはパワフルなMIS™ワイドバンドアクティブノイズキャンセリング機能を搭載し、周辺ノイズを最適にシャットダウンしながら今までにないほど快適なプロフェッショナルサウンドを楽しむことができます。ヘッドホンを軽くタップするだけで音量調整、トラックの変更、電話に応答することが可能な静電容量式タッチコントロールを採用し、外出先でも自由に音楽を楽しむことができます。高品位サウンドと低遅延を実現するBluetooth 5.0を採用したMC-50BTは真のプロフェッショナルサウンドを実現するワイヤレスヘッドホンです。 (さらに…)


2022年9月26日
Mackie新製品 Bluetoothワイヤレスストリーミング&コントロール可能なパワードスピーカー「Thump212XT」製品レビュー記事掲載

Sound&Recording Magazine 11月号にてMackie新製品 Bluetoothワイヤレスストリーミング&コントロール可能なパワードスピーカー「Thump212XT」製品レビュー記事を掲載いただいております。

本誌では2022年12月発売開始予定のBluetooth対応パワードラウドスピーカー「Thump212XT」の実機を、フリーランスのPAオペレーターとして、また音響システムプランナーやアドバイザーとしてライブハウスやイベントスペースなどの設備施工等でご活躍中の玖島博喜様にご使用いただき、音質、操作性など詳細を徹底的にレビュー頂いております。 (さらに…)


2022年8月26日
Mackie新製品 ライブ配信用超コンパクトミキサー「M•Caster Live」製品レビュー記事掲載

Sound&Recording Magazine 10月号にてMackie新製品 ライブ配信等に最適なオールインワン超コンパクトミキサー「M•Caster Live」製品レビュー記事を掲載いただいております。

本誌では2022年11月発売開始予定のライブ配信用超コンパクトミキサー「M•Caster Live」の実機を、環境音と電子音を組み合わせ、パブリックスペースやWebコンテンツ、ラジオ番組のサウンドプロデュース、舞台芸術の劇伴など多岐にわたる音楽を提供するサウンドデザイナー、音楽家の佐藤公俊様にご使用いただき、音質、操作性など詳細を徹底的にレビュー頂いております。 (さらに…)


2022年7月25日
Mackie新製品 Bluetooth®デスクトップサウンドバー「CR StealthBar」製品レビュー記事掲載

Sound&Recording Magazine 9月号にてMackie新製品 Bluetooth®デスクトップサウンドバー「CR StealthBar」製品レビュー記事を掲載いただいております。

本誌では2022年8月発売開始予定のBluetooth®デスクトップサウンドバー「CR StealthBar」の実機を、自身の作品のほか、TVドラマの劇伴、CMやWEB広告の音楽も手掛ける有村崚様によるソロプロジェクト「in the blue shirt」にご使用いただき、音質、操作性など詳細を徹底的にレビュー頂いております。 (さらに…)


2022年6月27日
Mackie新製品 バッテリー駆動8インチ2wayポータブルパワードスピーカー「Thump GO」製品レビュー記事掲載

Sound&Recording Magazine 8月号にてMackie新製品 バッテリー駆動8インチ2wayポータブルパワードスピーカー「Thump GO」製品レビュー記事を掲載いただいております。

本誌では2022年7月1日発売開始のバッテリー駆動8インチ2wayポータブルパワードスピーカー「Thump GO」の実機を、角松敏生、浜田省吾、久保田利伸、スピッツなどのライブでPAのオペレートを担当してきたサウンドエンジニア、山寺紀康様にご使用いただき、音質、操作性など詳細を徹底的にレビュー頂いております。 (さらに…)