2022年7月21日
ライブイベントサポートスペシャルプライスキャンペーン開催のご案内


新型コロナウイルスの影響による行動制限が緩和されライブイベントが徐々に再開されつつある今日この頃、いざライブイベントを開催しようとした際に機材が足りない、機材が不調でお困りの方に朗報です。Mackieラウドスピーカーをスペシャルプライスでご提供するキャンペーンを開催いたします。

【キャンペーン期間】
2022年7月22日(金) ~9月30日(金) 出荷分まで

【キャンペーン詳細】
下記機種下記台数を通常価格の約20%OFF~最大64%OFF特別価格にてご提供

【キャンペーンフライヤー】
こちらよりダウンロード可能です。(PDF)

お手頃価格でパッシブスピーカーの定番「C300z」からMackieパワードラウドスピーカーハイエンドモデルの「DRMシリーズ」、さらにパワードラインアレイスピーカーの「HDA」まで、普段では入手できないほどの特別価格でご提供いたします。いずれの機種も台数および期間限定のスペシャルプライスです。

是非この機会にMackieラウドスピーカーシリーズの導入をご検討ください。 (さらに…)


2017年11月30日
いまさら聞けないシリーズその15 PAシステムの設置方法

pa_blog_nov
PAサウンドシステムを設置する場合、ミュージシャンや観客、その他多くの方々に配慮しなければなりません。ライブハウス、劇場、学校、公民館、宴会場等ありとあらゆる会場で適切にPAシステムを設置することによりすばらしい公演をサポートすることができます。

setting up a pa article 2(1)例えばメインのスピーカーシステムを1ペアのパワードメインスピーカー、1ペアのパワードサブウーファーで設置し、2本のフロアモニタースピーカー、ミキサー、および数本のマイクで構成されたPAシステムだと仮定します。もしバックトラックをミュージックプレーヤーから再生し、ギターで弾き語りをするソロシンガーソングライターだとした場合、例えばMackie パワードスピーカーSRM550に内蔵されたモノラル2ch+ステレオRCA入力機能を装備したミキサー機能で充分事足ります。大規模なPAシステムは必要ないかもしれませんね。マイク、ギター、ミュージックプレーヤーをSRM550に直接接続するだけでPAシステムを構築することができます。

一般的に良いPAシステムとは (さらに…)