NAMM Show 2016 Mackie 新製品速報 ワイヤレスコントロールデジタルミキサー「ProDX Series」

2016年1月21日

NAMM_Logoアメリカ合衆国カリフォルニア州アナハイムにて現地時間2016年1月21日より開催された世界最大楽器展示会『NAMM show2016』にて LOUD Technologies Inc(本社:アメリカ合衆国ワシントン州)は超コンパクトBluetoothワイヤレスコントロールデジタルミキサーMackie 「ProDXシリーズ」を発表しました。
prodx_blog_1_20_16_v2_rev101BluetoothワイヤレスデジタルミキサーProDX_Family_3qtr_Left_iPhoneProDX4_Side_Left_iPhone
Mackie ProDXシリーズは小規模会場やバンド、ソロミュージシャンに最適な超コンパクトオールインワンワイヤレスデジタルミキサーです。4チャンネルヴァージョンの「ProDX4」、8チャンネルヴァージョンの「ProDX8」の2モデルをご用意いたしました。iOS、Android用アプリMixerConnect™でレベル調整やEQやコンプ、エフェクト、プリセットリコールなどすべての機能をワイヤレスで直感的にコントロールができ、さらにスマートフォンやタブレット内の音楽もBluetooth®ワイヤレスストリーミングが可能です。今までにない超コンパクトオールインワンワイヤレスデジタルミキサー、それがMackie ProDXシリーズです。

シンプルで直感的な操作
features_template_650x460_prodx_simple2すべてのレベル調整をフロントパネルの1つのノブでコントロールすることが可能です。操作のしやすいデザイン、かつ超コンパクトサイズを採用し、可搬性のよさと省スペースを実現しました。さらにスマートフォンやタブレットからすべての機能がワイヤレスコントロールができ、今までにないデジタルミキシングを可能にしました。

ワイヤレスストリーミング&コントロールが可能なiOS、Androidアプリ 「MixerConnect™」
features_template_650x460_prodx_wireless2レベル調整やEQ、エフェクターのセッティングなどデジタルミキサーのすべての機能をBluetooth®でワイヤレスコントロールすることが可能です。またスマートフォン内の音源もワイヤレスストリーミングができます。ミキサー席は不要です。ワイヤレスでコントロールができるためミキサーを好きな場所に設置が可能です。

パワフルなビルトインプロセッシングMixerConnect2MixerConnect3
すべての入力チャンネルにはローカット調整可能な3バンドEQを装備。またヴォーカルや楽器のサウンドメイキングに便利なコンプレッサーを各入力チャンネルにインサート。さらに16種類のリバーブやディレイ、コーラスなどの空間系エフェクター「ReadyFX™」を1系統センドリターンで内蔵し最適なミキシングをサポートします。

すべての出力にはルームチューニングやハウリング防止などに役立つグラフィックEQも装備。オールインワンでアウトボードも不要です。

さまざまな現場に対応可能な入出力
・ギター、ベースなどの楽器、マイク、ライン等様々な音源に対応可能なWide-Z™入力端子(ProDX8:6ch ProDX4:2ch)
・1系統のステレオ入力:ステレオミニ端子入力/Bluetooth®ストリーミング
・メインL/Rアウト
・モニター送りなどに便利なAUXセンド(ProDX8:2系統 ProDX4:1系統)
・緻密なミキシングや、個人練習に便利なヘッドホンアウト
・機能アップデート用のマイクロUSB端子
ProDX84_Rear_iPhone-horz

「ProDX8」:入力:6モノ+ステレオ1系統 出力:メインL/R+AUXセンド2系統
「ProDX4」:入力:2モノ+ステレオ1系統 出力:メインL/R+AUXセンド1系統

価格・発売時期詳細決まり次第、下記にてご案内いたします。
Mackie e-news http://mackie-jp.com/enews/
Mackie Facebook https://www.facebook.com/Mackie.jp/
Mackie Twitter https://twitter.com/Mackie_Japan_

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>