2018年12月12日
Mackie デジタルワイヤレスミキサー「DL16S」「DL32S」専用キャリングバッグ発売開始


2018年11月に発売開始し、好評発売中のMackie ワイヤレスデジタルライブサウンドミキサー「DL32S」「DL16S」の専用キャリングバッグの発売を開始いたします。

専用キャリングバッグ
DL32S Bag
市場予想価格¥8,300-(税別)
UPC:06 63961 05692 1

DL16S Bag
市場予想価格¥7,100-(税別)
UPC:06 63961 05691 4

発売開始日:2018年12月19日(水) (さらに…)


2018年11月26日
Mackie新製品デジタルワイヤレスミキサー「DL32S」「DL16S」製品レビュー記事掲載

Sound&Recording Magazine 2019年1月号にてMackie新製品デジタルワイヤレスミキサー「DL32S」「DL16S」の製品レビュー記事を掲載いただいております。(P190~P191)

本誌では2018年11月9日に発売開始しておりますデジタルワイヤレスミキサー「DL32S」「DL16S」の実機を、エンジニア・チームAstrogliaに所属し、プロフェッショナルPAエンジニアとして活躍されている増田 聡様にご使用いただき、音質、操作性などを徹底的にレビュー頂いております。 (さらに…)


2017年10月30日
iPadと共に使用可能なデジタルミキサーMackie DLシリーズミキサー用アプリ「Master Fader」v4.6.2リリースのご案内

mf4.6_blog
iPadと共に使用可能なデジタルミキサーDLシリーズミキサー用アプリ「Master Fader」がVersion4.6.2へマイナーアップデートしました。Version4.6.2はDL32R用コントロールサーフェスDC16、32chデジタルミキシングエンジンDL32R、16chデジタルミキサーDL1608、および8chデジタルミキサーDL806ユーザーさま向けのマイナーな不具合修正版です。 現在お使いのv4.6.1以前のバージョンからアップデートするには本体のファームウェアの更新が必要になります。ファームウェアの更新には15分程度お時間がかかりますので、ライブ本番の直前にはアップデートを行わないでくださいね。またインストールする前に、Master Faderのショーとプリセットのバックアップを取ってください。 (さらに…)


2017年9月6日
いまさら聞けないシリーズその11 位相反転ボタンとは?

mackie_blog_polarity
このマーク (Ø) のボタンは何に使うの?
ミキサーについているこの記号 (Ø) のマークのボタンは何に使うのか?と疑問に感じたことはありませんか?ミキサーだけでなくDAWソフトなどにもこの機能が装備されていますよね。このボタンは一般的に各チャンネルの位相反転をさせる機能です。このボタンを押すことにより入力信号の位相が180°反転されます。下の画像の赤い波形は通常の入力信号です。青い波形は位相反転ボタンを押した時の入力信号です。位相反転ボタンを押した場合、時間軸(横軸)での変化はまったくなく、単純に信号が反転されます。 (さらに…)


2017年8月17日
Mackie新製品パワードラウドスピーカーNew Thumpシリーズ

2017_thump_launch_blog
thump_top_section_family_white2017年8月14日(月)LOUD Technologies Inc(本社:アメリカ合衆国ワシントン州)は新製品、パワードラウドスピーカーNew Thumpシリーズを発表しました。1300wハイパワーパワーアンプを搭載したNew Thumpシリーズは今までのThumpシリーズを超えるクラス最高の低域を実現します。また新設計のミキサーと上位機種のSRMシリーズなどで実績のあるプリセットスピーカーモードを搭載することにより、今まで以上にさまざまな現場ですばやい最適なセッティングが可能になりました。 今回新たに発表されたNew Thumpシリーズは12インチ2Wayタイプの【Thump12A】、15インチ2Wayタイプの【Thump15A】、さらにBluetooth ®対応機器からダイレクトにワイヤレス音楽再生と内蔵デジタルミキサーをワイヤレスでコントロール可能なThump Boosted™シリーズ、12インチヴァージョンの【Thump12BST】、15インチヴァージョンの【Thump15BST】と計4モデルです。 (さらに…)


2017年7月6日
iPadと共に使用可能なデジタルミキサーMackie DLシリーズミキサー用アプリ「Master Fader」v4.6.1リリースのご案内

mf4.6_blog
iPadと共に使用可能なデジタルミキサーDLシリーズミキサー用アプリ「Master Fader」がVersion4.6.1へマイナーアップデートしました。Version4.6.1はDL32R用コントロールサーフェスDC16、32chデジタルミキシングエンジンDL32R、16chデジタルミキサーDL1608、および8chデジタルミキサーDL806ユーサーさま向けのマイナーな不具合修正版です。 現在お使いのv4.6以前のバージョンからアップデートするには本体のファームウェアの更新が必要になります。ファームウェアの更新には15分程度お時間がかかりますので、ライブ本番の直前にはアップデートを行わないでくださいね。またインストールする前に、Master Faderのショーとプリセットのバックアップを取ってください。 (さらに…)


2017年6月6日
いまさら聞けないシリーズその10 VCAとは?

mackie_blog_vca
VCAとは Voltage Controlled Amplifierの略語で電圧制御に応じてゲイン、ボリュームを変化させる増幅器(アンプ)です。音響調整卓(ミキサー)におけるVCAの役割は音声信号のルーティングとチャンネルストリップに採用されます。

VCAの主な目的としてはVCAグループを組んだチャンネルの音量バランスやミックスバランスを保ちながらVCAグループを組んだ全体の音量を一括で操作することです。VCAはEQやコンプなどの音質の変化を伴った信号処理は行わず、全体的な音量調整だけのために使われます。 VCAグループの音量は、チャンネルの音量だけでなく、ポスト・フェーダー・ミックスに送られるすべての音量にも影響します。 (さらに…)


2017年5月10日
いまさら聞けないシリーズその8 GAINとTRIMの違いは?

mackie_blog_gain_and_trim
ミキサーには“Gain”と“Trim”という似通った2つのノブがあり、同じものだと思うかもしれません。アナログミキサーやプリアンプをよく使用される方であれば、同じような役割をするものと考えてもよいでしょう。Mackie DLシリーズミキサーやその他の多くのデジタルミキサーではアナログミキサーと同じようにGainコントロールノブを使い入力信号を0dbになるように調整をします。具体的にはGainはアナログ音声信号がプリアンプによってどれくらい増幅するかを決めるために使用します。 (さらに…)


2017年5月8日
いまさら聞けないシリーズその7 RIAA EQカーブとは?

mackie_blog_riaa
民生オーディオ、プリメインアンプなどに付いているPHONO入力って何に使うものか疑問に感じたことはありませんか?

またレコードプレーヤーをミキサーのラインレベル入力に接続しようとしたことはありませんか? (さらに…)


2017年5月1日
いまさら聞けないシリーズその6 バランスとアンバランスの違いは?

mackie_blog_balanced
オーディオシステムで使用するケーブルは音質に大きな影響を与えます。接続方法によって異なりますがすべてのケーブルはノイズの発生源になります。音声信号がケーブルの中をどのように伝送されるかを理解することにより、ノイズ発生のリスクを最小限に抑えることができます。オーディオシステムを構築する際、重要な事項としてバランスで接続するのか、アンバランスで接続するのかが重要になってきます。ここでは、これらバランス、アンバランスの接続方法の違いのいくつかを簡単に説明します。 (さらに…)