2017年4月18日
いまさら聞けないシリーズその2 疲れないモニター環境を構築するには?

mackie_recording_blog_fatigue_0
リスニングにおける疲労とは?

疲れないモニター環境を構築するには?まずは耳を休めることが大事です。人間ですからね。疲れないわけないですよね。では長時間のミックス作業で疲れない方法は?これを理解し、それを疲労を少なくする方法を理解するために、私たちは最初に、耳の構造を勉強しなければなりません。内耳と外耳には、音を振動させ増幅する有毛細胞があります。大音量や長時間のリスニングは内耳、外耳の有毛細胞の損傷を引き起こし、耳の鳴り、疲労、さらには永久的な難聴を招くことがあります。さまざまな音にさらされている間、聴力の入り口が一時的に上がり、音に対する繊細さや感度が下がります。外耳の有毛細胞は反応が弱くなり内耳の有毛細胞に負担が多くかかるようになります。入ってくる騒音が増え、有毛細胞が休む時間がなくなると疲労がはじまります。特に長時間聴き続けた後に疲労が発生します。もちろん大音量の場合はさらに疲労が悪化します。 (さらに…)


いまさら聞けないシリーズその1 ミキサーのAUX SENDは何に使うの?

mackie_blog_aux_send2404_auxes-01
ライブサウンドやレコーディングでミキサーを使うときAUX SENDを活用することにより最適なミキシングが可能になります。ミキサーの各入力チャンネルをAUX SENDはメインアウトとは別にミックスをしメインアウトとは別に独立した出力を確保することができます。AUX SENDは聞きたいチャンネルだけ送って聞きたくないチャンネルはカットすることもできます。
Aux Outputs DL1608 (さらに…)


2017年3月1日
まもなく発売開始、プロフェッショナルスタジオモニター「XR Series」よくあるご質問

2016年11月国際放送機器展、InterBEEにて発表、まもなく日本国内発売開始予定のプロフェッショナルスタジオモニター「XR Seriesよくある質問12項目Q&Aをとりまとめました。
xr_series_blog_v3プロの現場に多数導入実績のあるハイエンドモデルMackie HRシリーズの技術を継承し、XRシリーズに採用した対数関数計算設計のウェーブガイドを高域ツイターユニットに搭載しクリアな高域と深みのあるバランスの取れた中域再生を実現します。XR824とXR624、両モデルとも160W高出力パワーアンプと立ち上がりの早いKevlar®低域ウーファーユニットを搭載し、無駄な低域を排除し明瞭度の高いサウンドを実現しました。さらにMackie独自の新しいELP™低域反射システムを開発し、優れた低音再生能力と高出力を実現しました。ELP™低域反射システムは今までにないような長いスロートを採用しバスレフからの気流を抑えハイパワーかつ明瞭度の高い低域の伸びを実現します。 (さらに…)


2017年2月20日
MACKIE ONYXシリーズドライバーおよび対応OSアップデートのお知らせ

Mackie オーディオインターフェース機能搭載、Onyxシリーズの対応OS、およびドライバーをアップデートいたしました。対象機種は以下の通りです。

FireWireコンパクトレコーディングミキサー:Onyx-iシリーズ
8chFireWireオーディオインターフェース:Onyx Black Bird
2chUSBオーディオインターフェース:Onyx Black Jack

アップデート詳細は下記各機種掲載日本語ホームページご参照ください。
Onyx-iシリーズ(Onyx820i/Onyx1220i/Onyx1620i/Onyx1640i)
Onyx Black Bird
Onyx Black Jack (さらに…)


2016年12月9日
Mackie Axisデジタルミキシングシステム ビューグループ/ミュートグループアサイン方法

まもなく日本国内発売開始予定のMackie Axisデジタルミキシングシステム。デジタルミキシングエンジン「DL32R」でiPadアプリ、MasterFaderアプリより設定していたビューグループやミュートグループアサインがDL32R用コントロールサーフェス「DC16」を使用すれば簡単に物理的なボタンで設定が可能です。設定方法詳細ビデオを是非ご覧ください。

ビューグループアサイン方法

ミュートグループアサイン方法

(さらに…)


2016年10月5日
SONIC ACADEMY FES 2016をMackie Axisデジタルミキシングシステムがサポート

来る2016年10月15日(土)、16日(日)SME乃木坂ビルにて開催されるSONY MUSICが提案する学びの祭典「SONIC ACADEMY FES 2016」をMackieデジタルミキシングシステム「Axis」がサポートいたします。ソニックアカデミーフェスとはソニー・ミュージックエンタテインメントとして今の音楽制作のノウハウ、制作者の声を直接お届けするというコンセプトを元にスタートした、ソニーミュージックの音楽スクール「Sonic Academy」が提案する【音楽人養成クリエイティブ講座フェス】です。

40を超える講座が2日間にわたり開催されるなか、Mackieデジタルミキシングシステム「Axis」は下記講座を全面サポートいたします。

公演概要
講師:大沢伸一様
講演:本邦初!
世界のサウンドトレンドを発信続けるクリエイター
大沢伸一の”音楽の作り方“大公開。
日時:2016年10月16日(日)
時間:16:00-17:30
会場:SME乃木坂ビル
住所:東京都港区赤坂9-6ー35
金額:通常価格 4,900円

チケットご購入はこちらから
m_1_DJ1vSyNDOlFjJC5VI3uMg (さらに…)


2016年9月8日
Mackie DL32R DL Dante Expansion Cardファームウェア更新のご案内

iPadと共に使用可能なデジタルミキサーMackie DL32R用オプションカード「DL Dante Expansion Card」のファームウェアアップデートを公開しました。今回のアップデートは今秋発売開始予定のDL32RをDSPとし、Dante経由でDL32Rのすべての機能を物理的にコントロールをする「DC16」に対応するためのファームウェアアップデートです。DL32Rと今秋発売開始予定のフィジカルコントローラー「DC16」を組み合わせて使用することにより、Mackie デジタルミキシングシステム「AXIS」を構築することが可能になります。
DL32R Dante Firmware Update_final_jp_01 (さらに…)


2016年7月22日
まもなく発売開始、ワイヤレスコントロールデジタルミキサー「ProDX Series」よくあるご質問

2016年1月21日に発表され、日本でもまもなく発売開始予定のBluetooth対応ワイヤレスコントロールデジタルミキサー「ProDX Series」、よくある質問15項目Q&Aをとりまとめました。

prodx_blog_1_20_16_v2_rev101Mackie ProDXシリーズは小規模会場やバンド、ソロミュージシャンに最適な超コンパクトオールインワンワイヤレスデジタルミキサーです。4チャンネルヴァージョンの「ProDX4」、8チャンネルヴァージョンの「ProDX8」の2モデルをご用意いたしました。iOS、Android用アプリMixerConnect™でレベル調整やEQやコンプ、エフェクト、プリセットリコールなどすべての機能をワイヤレスで直感的にコントロールができ、さらにスマートフォンやタブレット内の音楽もBluetooth®ワイヤレスストリーミングが可能です。今までにない超コンパクトオールインワンワイヤレスデジタルミキサー、それがMackie ProDXシリーズです。

そんな次世代オールインワン超コンパクトデジタルミキサー「ProDXシリーズ」のよくある質問を取りまとめてみました。アプリの使いやすさや、本体のみでもコントロールできる超コンパクトデジタルミキサーの魅力を15項目にも及ぶQ&Aを4ページのPDFファイルでダウンロードが可能です。

是非ご一読いただき、Mackie ProDXシリーズミキサーの操作性や特徴をご堪能ください。Mackie ProDXシリーズミキサーよくあるご質問15のQ&Aはこちらよりダウンロードが可能です。(PDFファイル)


2016年7月4日
Mackie DL32RとiPadをワイヤードで接続しワイヤードでコントロールする方法

iPadと共に使用可能ですべての機能をワイヤレスでiPadからコントロール可能な32chデジタルミキサーMackie DL32Rをワイヤードでコントロールする方法のご紹介です。以下にご紹介する2パターンのワイヤード接続が可能になりました。

※ご用意するもの
1:Apple純正Lightning-USB3カメラアダプタ
2:Apple純正USB Ethernetアダプタ
3:Apple純正iPad充電器USB⇔Lightningケーブル
4:iPad(Lightningコネクター搭載モデル)
5:Mackie DL32R
6:イーサネットケーブル1本 (2本*)
7:Wi-Fiルーター(LANポートを2個以上装備したもの)*
*は下記パターンBによる接続時に必要 (さらに…)


2016年2月5日
まもなく発売開始、究極のパーソナルPAスピーカー「REACH」よくあるご質問

2015年10月に発表され、日本でもまもなく発売開始予定のBluetooth対応究極のオールインワン・プロフェッショナル・PAシステム「REACH」、よくある質問37項目Q&Aをとりまとめました。Reach_LOGOREACH_PHOTOMackie REACHはワイヤレスでコントロール、Bluetoothオーディオストリーミングが可能なパワフルで操作性の良いオールインワンプロフェッショナルPAシステムです。ARC ™ アレイテクノロジーを採用し会場に合わせた最適なサウンドを再生。また独自のEarShot ™ パーソナルモニタリングテクノロジーを採用し、1本のスピーカーでメインスピーカーとモニタースピーカーを兼務することができます。プロの現場でも対応可能な高機能6chデジタルミキサーを内蔵しメインスピーカーもモニタースピーカーもすべてスマートフォン1台でワイヤレスミキシングすることが可能です。究極の次世代オールインワンPAシステム。それがMackie REACHです。

そんな次世代オールインワンPAスピーカー「REACH」のよくある質問を取りまとめてみました。幅広いカバーエリアを実現するためのARC™ (Amplified Radial Curve)テクノロジー詳細や、接続可能なチャンネル数、Bluetoothの接続距離や技術解説まで38項目にも及ぶQ&Aを7ページのPDFファイルでダウンロードが可能です。 (さらに…)