2017年2月24日
Mackieデジタルミキシングシステム「AXISの現場」vol.2

Sound&Recording Magazine 2017年4月号にてラックマウントミキサー「DL32R」とコントロールサーフェス「DC16」にて構成されるデジタルミキシングシステム「Mackie AXISデジタルミキシングシステム」の現場レポートが掲載されております。(P178~P179)
SR_Axis_2_01
SR201704-thumb240xSound&Recording Magazine 2017年3月号に引き続き、Mackie AXISデジタルミキシングシステムのライブ本番での使用をレポートいただいております。今回レポートいただいた現場は2016年12月Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREにて開催された「ANNA☆S ~7th Anniversary~」というANNA☆Sの結成7周年記念ライブイベント。このイベントでモニター用ミキサーとしてAXISデジタルミキシングシステムをご使用いただきました。 (さらに…)


2017年1月24日
ポータブルパーソナルPAスピーカーMackie FreePlayユーザーレポート

yayoikoizumi2016web1ギター弾き語りやデュオの小編成でのライブを中心に活躍中のヴォーカリスト/ソングライター、小泉やよい様にイベント用機材としてMackieポータブルパーソナルPAスピーカー「FreePlay」を導入いただきました。

小泉やよい様はやわらかな歌声と透明感のある音楽性で、オリジナル楽曲をはじめ、ボサノヴァ、ジャズ、フォークなど様々な曲をカバーし、これまでに3枚のアルバムをリリースされています。(2014年『reflection (リフレクション)』、2008年『Aquatron (アクアトロン)』、2006年『SOLA (そら)』)

今回は小泉やよい様にMackie FreePlayを導入に至るまでのお話をお伺いいたしました。 (さらに…)


Mackieデジタルミキシングシステム「AXISの現場」

Sound&Recording Magazine 2017年3月号にてラックマウントミキサー「DL32R」とコントロールサーフェス「DC16」にて構成されるデジタルミキシングシステム「Mackie AXISデジタルミキシングシステム」の現場レポートが掲載されております。(P170~P171)
MACKIE_Axis1a_01 (さらに…)


2016年3月23日
生きた植物が音楽を奏でる新体験イベント「Singing Nature」をMackie DL32Rが全面サポート

Singing Nature」とは、植物の幹に振動デバイスを設置し葉を振動させることで、植物をスピーカーに変える先端テクノロジーを活用した、ニコライ・バーグマン監修による、音楽を奏でる植物公園を期間限定で東京・青山に開園。そして、音楽家、DJ、プロデューサー、選曲家としてさまざまなプロジェクトに参加している大沢伸一様が私設オーケストラ・プロジェクトThousand Tears Orchestraで「Singing Nature」のために制作した新楽曲「Photosynthesis #1」が、この植物公園で奏でられました。先端テクノロジー、ニコライ・バーグマン監修による植物公園、大沢伸一様による楽曲を掛け合わせた体験は、去る2016年3月1日(火)~3日(木)に東京南青山のニコライ バーグマン フラワーズ & デザイン フラッグシップ ストア 2F にて期間限定開催されました。d17905-1-891842-1

その新体験イベント「Singing Nature」をiPadと共に使用可能なデジタルミキサーMackie DL32Rが全面サポートしました。当日は磁石とコイルの振動エネルギーを直接、花や木、そして葉に伝え、「花や木の葉」から音が聴こえるようにした植物スピーカーを会場内10箇所に設置。植物に囲まれた会場内から、自然なサウンドを演出。
d17905-1-314074-12
Singing_DL32RMackie DL32Rにはアナログアウトプットを16系統装備。すべてのアウトプットには31バンドグラフィックEQ、ハイパス、ローパスフィルターを装備した4バンドパラメトリックEQ、タイムアライメント用のディレイ、スピーカー保護のためのコンプ/リミッターを装備しており、植物の状態や植物の種類によって異なるサウンドを再生する植物スピーカーそれぞれの状態に合わせた音響調整を行い、会場内にナチュラルで最適な音響空間を演出しました。 (さらに…)


2015年12月16日
Mackie DL/DLM SystemがSOFA DISCOで大活躍 in 代官山蔦屋書店 Anjin

93年のデビュー以来、バンドからソロ・プロジェクトとなったMONDO GROSSOを経て、SHINICHI OSAWAとして革新的な作品をリリースし続ける一方、国内外のアーティストのプロデュース、リミックスも数多く手掛ける大沢伸一様とサウンド、 プレイスタイルで共鳴し合うbonjour recordsの上村真俊様によるDJデュオ『Off The Rocker』が“ソファでダンスミュージックを楽しむ”をコンセプトに提案する新感覚のパーティーイベント『SOFA DISCO』が様々な会場で展開中です。

そんな新感覚パーティーイベント『SOFA DISCO』をMackie DL/DLM SYSTEMが強力にサポートしております。
SOFADISCO_1去る2015年12月03日(木)には代官山蔦屋書店2Fラウンジ『Anjin』様にて『SOFA DISCO』が開催されました。

Off The Rocker』のセレクトする音楽は、CDJを通じてiPadと共に使用可能なデジタルミキサー『DL806』にてPAオペレート。『DL806』はiPadやiPhoneなどで遠隔操作が出来るため、多くのお客様の中でもイベントの邪魔になることなくPAオペレートが可能です。

その『DL806』からのサウンドは、古今東西の書物とアートで彩られている店内に、トップライトからのやさしい灯りが差し込むゆったりとした空間のラウンジに設置したメインスピーカー、Mackie同軸2Way2000wハイパワーコンパクトパワードスピーカー『DLM12』と12インチシングルサブウーファー『DLM12S』から再生。コンパクトなので店内の意匠も損なうことなく設置が可能です。 (さらに…)


2015年9月8日
大江戸ソーラン祭りイベントレポート

去る2015年9月6日(日)、Bluetoothミキシングコントロール&ミュージックプレイ可能な300wハイパワーステレオスピーカー「Mackie FreePlay」が大江戸ソーラン祭りをサポートしました。

大江戸ソーラン祭りは東京都立木場公園内3会場、45組もの連が参加する都内でも最大級のよさこい祭りです。そんな盛大なよさこい祭りの第3会場をMackie FreePlayはじめ、オールMackie製品にてサポートしました。

yosakoi_freeplayMackie FreePlayは別売オプションのリチウムイオンバッテリー、もしくは単一アルカリ乾電池を8個使用することにより、最大で10時間バッテリー駆動が可能です。またスマートフォン内の音楽データをbluetooth経由で再生させることができるため、FreePlayをキャスター台に載せ、電源の取れない野外を移動しながらのオープニングパレードをサポートしました。

当日、イベントサポートいただいたPAエンジニア、ライブレコーディングシステムの斉藤様に感想をお伺いしたところ、「この小さな筐体からこれだけの音量が出るとは想像もしていなかった。大勢のよさこいチームの方々がFreePlayから再生される音楽で楽しそうに踊っているのをみて、ちゃんとクリアに聞こえているんだと実感しました。」と高い評価をいただきました。 (さらに…)


2015年8月31日
Apple Store, Omotesandoイベントレポート

去る2015年8月28日(金)、Bluetoothミキシングコントロール&ミュージックプレイ可能な300wハイパワーステレオスピーカー「Mackie FreePlay」がApple Store,Omotesandoのストアイベントをサポートしました。
FreePlay_Apple1
当日のイベントはiOS、Apple Watchを使ったカラーLED照明、「Philips Hue」の活用例をご紹介する4名のパネラーによるトークイベント。「Philips Hue」はiOSで照明の色を変化させることができ、さらにコントロールが可能なLED照明です。1,600万色以上表現でき、iOSアプリより、「集中」「リラックス」など気分に合わせた明かりを演出できる次世代のLED照明器具です。

FreePlay_Apple2そんな「Philips Hue」のトークショーイベントをサポートしたのは、これまたiOSデバイスでミキシングコントロール可能な4chデジタルミキサーを内蔵したBluetooth対応、300wハイパワーステレオスピーカー「Mackie FreePlay」。当日はワイヤレスマイク受信機をミキサーを経由せず「Mackie FreePlay」に直接接続。「Mackie FreePlay」を2本使用し、2ch分のワイヤレスをそれぞれ1台の「Mackie FreePlay」に接続しました。ミキシングコントロールは2枚のiOSデバイスを使用し2台の「Mackie FreePlay」をミキシング、2ch分ずつワイヤレスマイクの音量を調整しました。iOSデバイスでミキシングを行っているPAオペレータの姿はまるでゲームでもやっているのか?と思われたほど来場者の注目の的でした。 (さらに…)


2015年1月23日
NAMM SHOW 2015 MACKIEブース

namm-2015-BANNER1
アメリカ合衆国カリフォルニア州アナハイムにて現地時間2015年1月22日より開催されました世界最大楽器展示会『NAMM show2015』、Mackieブースをご紹介いたします。
DL32R_NAMM2015
DL32R_NAMM2015_2
ブース中央には日本でもまもなく発売開始予定のiPadと共にすべての機能を無線操作可能な32chデジタルミキサー「DL32R」を展示。来場者にその機能とサウンドを体感できるよう10枚以上のiPadと共に展示を行っております。USBハードドライブに24chマルチトラックレコーディングがダイレクトにでき、かつUSBハードドライブよりこれまたダイレクトにプレイバックも可能な「DL32R」にマルチ音源を立ち上げて、擬似ライブミックスが可能状態で展示をしており、常に「DL32R」の周りには多くの人だかりが出来ておりました。また、「DL32R」用拡張カード「DL DANTE EXPANSION CARD」も発表されました。業界標準になりつつあるオーディオネットワークDANTEに対応し、32×32のデジタルI/Oカードは今後の「DL32R」の更なる拡張性に期待を持てる新製品です。さらにDLシリーズミキサーと共に使用可能なiPhone、iPod touch用アプリ「MY FADER V3.0」のサンプルも公開いたしました。「MY FADER V3.0」はお試しベータ版を2月上旬に公開、正規版は2月末公開を予定しております。
DL32R_NAMM2015_3
NAMM SHOW前日に発表されたBluetooth対応パーソナルパワードPAスピーカーMackie新製品 「FreePlay?」はミュージシャンによるアコースティックライブ演奏でその実力をふんだんにアピールしております。「FreePlay?」はバッテリー駆動ができどこでも素晴らしいサウンドを再生してくれる究極のステレオポータブルPAスピーカーです。Bluetoothを搭載しさまざまなアプリケーションから音楽再生を楽しめ、本体にはマイクやギターなどの楽器が接続可能です。さらに本体に接続したマイクや楽器はiOSデバイス用アプリ「FreePlay Connect?」により、内蔵の4chデジタルミキサーをどこにいてもミキシングが可能です。オールインワンポータブルワイヤレスPAスピーカー「FreePlay?」は300Wものハイパワーサウンドで、来場者の注目の新製品です。FREEPLAY_NAMM2015 (さらに…)


2014年12月24日
Mackie DL32Rがご当地キャラクターイベント『サンタすがもんと仲間達☆2014』で大活躍

去る2014年12月21日(日)、巣鴨地蔵通り商店街と大正大学構内にて行われたイベント『サンタすがもんと仲間達☆2014』にてiPadと共に完全操作が可能な32chデジタルミキサーMackie 「DL32R」と、同軸2Way2000Wハイパワーコンパクトパワードスピーカー「DLM Series」が当イベントを全面的にサポートいたしました。

GCB47_1DL32R」と「DLM Series」がサポートしたのは巣鴨の新名所「すがも鴨台(おうだい)観音堂」(通称さざえ堂)のある大正大学。同7号館711講堂で開催されたクリスマスライブ「歌う♪サンタすがもん御殿!! with GCB47」というライブイベント。ご当地巣鴨地蔵通り商店街のキャラクター「すがもん」をはじめ、12体ものご当地キャラクターが日本全国から集合し、キャラソンの帝王「石田洋介」と、キャラたちが自ら楽器を演奏するという2013年11月に徳間ジャパンよりメジャーデビューし、2014年5月にシングルをリリースした「GCB47」(ご当地キャラバンド47)、さらにキン肉マンII世のエンディングテーマでメジャーデビューを果たした「ザ・パーマネンツ」の演奏にあわせ各ご当地キャラたちがライブを行うというイベントでした。

SUGAMON会場は大学の講義室で、チケットは即日完売で超満員。講義室に設置した仮設ステージはドラムはじめ楽器が多数設置されているにもかかわらず、キャラクターの面々が入れ替わりでステージに登場。手狭なステージに大きな体のキャラクターたちが登場すると足の踏み場もないくらいでしたが、フロアモニターとして設置したMackie「DLM8」は超コンパクトなため、手狭なステージでも邪魔にならず設置が可能。また2000Wとという驚異的なパワーなので、今回のようなフルバンド編成のライブでも充分対応可能。さらに、メインスピーカーの設置場所も限られており、極力コンパクトなものを。ということで採用されたのがMackie 2000Wハイパワーパワードスピーカー「DLM12」と、2000Wハイパワーサブウーファー「DLM12s」の組み合わせ。このシステムもコンパクトながらハイパワーのシステムでフルバンド編成のライブイベントのメインスピーカーとして充分対応が可能。また意匠も損なうことなく設置も可能です。
DL32R_1当日は一人でも多くのお客様に楽しんでもらうため、ミキサーの設置場所はステージサイドのごくわずかなスペースしか確保できず、かつ、ライブ録音を行いたいという要望があがっていたため、急遽まだ日本に2台しか存在しないiPadと共に完全操作が可能な32chデジタルミキサーMackie 「DL32R」を使用。USBハードドライブにダイレクトに24chマルチトラックレコーディングが可能で当日は1TBのUSBハードドライブを使用し、2時間半のライブイベント全編をマルチトラックレコーディングを行いました。もちろんすべてiPadで遠隔操作が可能なため、会場内どこにいても、多くの観客の中でも、ステージサイドでも音響調整が可能。EQ、コンプ、ゲート、リバーブ、ディレイ、すべてオールインワンのためアウトボードは不要です。さらに10枚までのiPadが同時使用可能なため、当日は2名のエンジニアによるミックスが実現。多くの出演者がいるイベントでも、シーンをメモリーすることが可能なため、さまざまなシュチュエーションに備えプリセットデータを保存、瞬時に読み出しが可能で転換の多い今回のようなイベントで大活躍してくれます。

コンパクトでパワフルなスピーカーシステムMackie 「DLM Series」、ライブミキサーとしてだけでなく、マルチトラックレコーダーとしても活躍してくれるコンパクトかつ多機能なiPadと共に操作可能な32chデジタルミキサーMackie 「DL32R」はさまざまな現場で活躍可能なシステムであることを今回のイベントサポートで実証していただきました。そのことは何よりも、イベント終了時、12体のご当地キャラクターと出演者、多くのボランティアスタッフ、もちろん当日ご来場いただいたお客様の満足そうな笑顔がものがったっていたのかもしれません。
ALL (さらに…)


2014年12月5日
iPadと共に使用可能なデジタルミキサー「DL1608」6台がRED BULL MUSIC ACADEMY イベントをサポート

HALL_SHINSEIKI
iPadと共に使用可能なデジタルミキサー「DL1608」6台が、去る2014年11月11日(火)、DANCE HALL 新世紀にて開催されたRed Bull Music Academy presents 【Chaos Conductor】イベントを全面的にサポートしました。

Red Bull Music Academy presents 【Chaos Conductor】とは、過去10年近く、強烈なライブ体験を提供してきたことで知られているBoredomsのEYヨと2013年NHK朝ドラの「あまちゃん」の音楽でレコード大賞作曲賞他多くの賞を受賞した大友良英を招き、Red Bull Music Academy参加者達の即興演奏を指揮するというスペシャルなイベント。30名のミュージシャンがそれぞれ楽器やパソコン音源などをステージ上に持ち込みで即興で演奏し、その演奏を2人の指揮者が即興演奏を指揮するという予測不可能でスリリングなイベントでした。
OTOMO_YOSHIHIDE

センターステージが設置され、30名のミュージシャンの音源を取りまとめたのが、iPadと共に使用可能なデジタルミキサー「DL1608」6台でした。2人の指揮者は別々の演目だったため2ステージ構成で開催。16入力8出力の「DL1608」のほぼすべてのインプット、アウトプットチャンネルを使用。(Input:16×6=96ch/Output:8×6=48ch)

当日、メインミックスを担当していただいた(株)エディスグローヴ 中原 楽 様にお話をお伺いいたしました。 (さらに…)